外貨預金とは?


外貨預金とは1998年、外為法改正によって個人投資家でも参加可能となった外貨投資(外国為替取引)の1つで、日本円を「アメリカドル(米ドル)・ユーロ・イギリスポンド・豪ドル・NZドル・スイスフラン・南アフリカランド」など、外国の通貨に換えて預け入れる、金融機関(銀行・信用金庫・ネットバンク)、証券会社などで取り扱っている近年人気の金融商品です。


外貨預金は預けた外貨には期間と金利に応じた利息がつき、外国の通貨は日本円に比べて総じて金利が高いため円預金よりも利回りが良いのですが、逆に「日本円⇔外貨」に換える際に為替手数料がかかり、為替変動によって為替差損が生じ元本割れする危険もありますので、金利が高いからというだけで飛びつくと痛い思いをするかもしれませんので注意が必要です!


 円高?円安?



外貨預金を始める前に、円高、円安についてきちんと理解しておきましょう。


為替相場は日本だけでなく世界の政治、経済などさまざまな要因によって常に変動しており、基本的に日本円が対象となる外国の通貨よりも価値が上がった場合に『円高』、逆に価値が下がった場合に『円安』になります。


例えばアメリカ経済が低迷し、日本経済が上昇した場合(実際はアメリカ経済が低迷すれば日本経済も低迷する可能性が強いですが)、為替市場ではアメリカドル(米ドル)が売られ、日本円が買われますので、『円高ドル安』になるのです。


具体的には・・・


・1ドル100円⇒「1ドル101円方向〜」⇒『円安ドル高

・1ドル100円⇒「1ドル99円方向〜」⇒『円高ドル安


上記のようになります。円が「100円⇒101円〜」に上がっているのに円安とはおかしいような気もしますが、次のように考えると分かりやすいかもしれません。


〜円安ドル高〜

・100円で1ドル換えたのが101円になった⇒「今までよりも多くの円でドルを換えることとなるので円の価値が下がった(円安)」

・アメリカ旅行へ行って1ドル100円で買えた物が1ドル101円になった「多くの日本円が必要になるので円の価値が下がった(円安)」


〜円高ドル安〜

・100円で1ドル換えたのが99円になった⇒「少ない円でドルが換えるようになったので円の価値が上がった(円高)」

・アメリカ旅行へ行って1ドル100円で買えた物が1ドル99円になった「少ない日本円で物が買えるので円の価値が上がった(円高)」


日本は「TOYOTA・日産・ホンダ」などの自動車メーカーを筆頭に輸出によって利益を上げている企業が多いので、一般的に「円安ドル高(1ドル100円⇒101円方向〜)」になると多くの企業の収益が増大するため日本経済も好景気になりますが、急激な「円高ドル安(1ドル100円⇒99円方向〜)」になると逆に企業の収益が減少するため日本経済も不景気になる傾向にあります。


TOYOTAなどは1円円高(1ドル100円⇒99円)になるだけで約350億円、SONYは約75億円の営業減益要因になると言われています。


例えば・・・

・アメリカで100万ドル収益:1ドル100円⇒「1億円」

・アメリカで100万ドル収益:1ドル99円⇒「9,900万円」


となりますので、輸出産業は急激な円高になると大きく営業減益となってしまうのです。


 通貨の種類と選び方



一口に外貨預金といっても「アメリカドル(米ドル)・ユーロ・イギリスポンド・豪ドル・NZドル・スイスフラン・南アフリカランド」など、さまざまな通貨があり、どの通貨を選択するかは難しいものです。


外貨預金を始める理由は日本に比べて金利が高いからと言う方も多いと思いますが、金利が高いからといった理由だけで通貨を選ぶ事は危険です。なぜなら金利が高い通貨はマーケットが小さく流動性が低く、変動が激しくなることが多いので、大きなリターンを得る事が出来ることもありますが、逆にリスクも高いからです。


ですので世界の基軸通貨である「アメリカドル(米ドル)」、第2の基軸通貨で将来的にはさらにその地位を高める事が予想される「ユーロ」を中心に通貨を選ぶ事が基本となります。


もちろん米ドル、ユーロのみで運用しても良いですが、その時々の政治、経済情勢、通貨の特徴などを考慮し、臨機応変に対応することも非常に大切となります。


また海外旅行へ行きたい国の通貨、またはよく行く国の通貨を選ぶ事もです。なぜなら例えばよくアメリカに行くとして、アメリカドルの外貨預金を保有していた場合、仮に円高ドル安(1ドル100円⇒99円方向〜)になり、このまま日本円に換えるとマイナスとなってしまう場合でも、外貨現金やトラベラーズチェック(T/C)で引き出せば資産を効率的に使用できるのです(外貨現金、外貨送金は取扱っていない金融機関もありますので注意しましょう)。




外国為替取引始めるなら、外貨預金よりFXがオススメです

特に人気のDMM.com証券のDMMFXが選ばれる理由は・・・

○スマホ、タブレット対応
○平日24時間電話サポート
○取引手数料、口座維持費0円
○業界最高水準のスワップポイント(金利)
○業界最狭水準のスプレッド(為替手数料)
○安心の信託保全
○スピード口座開設(最短翌日に取引可能)
○お得な新規口座開設キャンペーン



外貨預金始めるなら


他銀行よりも圧倒的に有利

住信SBIネット銀行は他銀行に比べ手数料が安く、高金利なので、有利な取引が可能です。


[スマホでも取引可能]
金利、手数料で選ぶなら・・・

住信SBIネット銀行 外貨預金プロモーション

外貨預金について

通貨一覧

おすすめ銀行(ネットバンク)一覧

リンク集&免責事項

SNS / bookmarks

サイト更新日


平成29年4月21日

お問い合わせ


Copyright © 2008-2017 外貨預金比較ガイド. All rights reserved